今月の論文紹介,医療

Thumbnail of post image 053

予後の悪い膵臓癌、皆さんはどのように治療されていますか。若くして膵臓癌に罹患される方もいて、強力な治療でも何とか手術に漕ぎ着ける、QOLを維持しながらも予後を伸ばすということに尽力されているのではない ...

2023年1月13日今月の論文紹介

Thumbnail of post image 061

2023年1月13日

外科から時折、"胆摘後の胆管損傷で胆管空腸吻合術を要した症例の吻合部狭窄"に対する内視鏡を依頼されることがありますよね。胆管空腸吻合術を行なった場合、どのくらいの頻度で起こるのか調べてみました。11- ...

2022年12月29日今月の論文紹介

Thumbnail of post image 056

2022年12月29日

皆さんの施設では、手術待機中の膵臓癌に対する減黄はどのようにしていますか?遠位胆管癌の報告ですが、ビリルビン7.5mg/dl以上のまま手術すると偶発症が増えるとする報告があります。ビリルビンが一桁前半 ...

今月の論文紹介

Thumbnail of post image 115

ちょっとおもしろい論文を見つけました。日常診療に追われているといつの間にか忘れてしまうこと、ガイドライン通りに診療すれば大丈夫という思い込みのようなもの、そこからふいに我に帰るような感覚をくれた論文で ...

今月の論文紹介

Thumbnail of post image 193

皆さん、急性胆嚢炎の内視鏡治療(呼称:ETGBSやERGBD)してますか。難しいですよね。今回の論文の中で紹介されていた別論文のメタアナリシスデータですが、成功率は83%だそうです。今回紹介する論文の ...

今月の論文紹介

Thumbnail of post image 169

胆膵内科医/内視鏡医が早期発見に力を入れている膵臓癌ですが、それは小さいうちに発見しないと圧倒的な予後の悪さを見せるからですね。 膵臓がんの多くは切除不能な段階で発見され、5年生存率は3%程度と予後不 ...

2022年11月6日今月の論文紹介

Thumbnail of post image 056

2022年11月6日

膵臓癌に対する放射線療法について調べているときに、興味の持てる論文を見つけました!2021年に出版されたこの論文は、「術前化学療法を受けてから切除され、その病理判定にて完全奏功が確認された人の予後」に ...

今月の論文紹介

Thumbnail of post image 118

皆さん、胆管炎でERCPを成功させた後、抗菌薬をどのくらい使いますか?もしくは何を基準に終了しますか?今回の論文は、「80歳以上の高齢者では注意が必要だが、軽症か中等症であればERCP当日を含めて2日 ...

2022年10月14日今月の論文紹介

Thumbnail of post image 178

2022年10月14日

私はPubMedの検索式を作って、最新のERCPかEUSの論文が出版されたら自動メールが届くようにしています。この論文は最近届いたほやほや論文です。 最初にこれ読んだ時、何がいいたいのか分かりませんで ...

今月の論文紹介,医療

Thumbnail of post image 011

まだオンラインにはなっていませんが、アクセプトが決まった論文を早めに頂く機会がありました。19G FNB針は胆膵の現在のトピックの1つであり、先月にはがん研究センター中央病院の、後ろ向き研究の論文を紹 ...